格安SIMのしくみ




格安SIMのしくみ

格安SIMのしくみ携帯通信会社が提供するSIMカードの他に、
格安SIMと呼ばれるSIMカードがあります。
この格安SIMを提供しているのは、
MVNO(仮想移動体通信事業者 Mobile Virtual Network Operator)
と呼ばれる会社です。

MVNOは、その会社自体で通信事業を行う
基地局などの設備を持っているのではなく、
携帯通信会社から設備を借りています。
そのため、使えるエリアは、
設備を持つ携帯通信会社と同じになっています。

なぜ格安でSIMを提供できるのでしょうか。
上に挙げたように、自身で設備を持たないことも理由の一つです。
そして携帯通信会社と違いショップを持たないなど、
販売やサービス面でのコストが抑えられていることが挙げられます。

そして、様々な会社が多数MVNOに参入しており、
競争が激化していることも、低価格の理由です。

さらなる理由は、データ通信量の制限を行っていることです。
月額980円、660円といった低価格のプランは、
データ通信量が月に1GBと設定されています。
必要に応じたデータ量のプランが各種選べるため、
携帯通信会社のプランよりも自由度が高く、
自分に必要のないデータ量分を節約できることになります。

また、データ通信の速度の面でも、制限がある場合があります。
携帯通信会社ならば最大150Mbpsの速度で使えるところを、
100~300kbpsに制限された速度で使うプランもあります。
通信速度が抑えられた分、料金が格安になるのです。




↑ PAGE TOP